当院からのお知らせ

2020.08.06

インプラント治療について更新しました

今回はインプラント治療についてご説明致します。
まずインプラント治療とは、歯を失ってしまった場合に選択する治療の一つです。

歯を失ってしまった箇所にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上部に人工の被せ物をセットすることで失ってしまった歯を補う治療です。

《インプラントイメージ》

 
インプラント治療は治療過程で手術をおこなう必要がありますので『こわい』『不安』『痛そう』と思う方もいらっしゃるかと思います。しかしインプラント治療は適切な環境と治療に当たる歯科医師の技術・経験、設備が整っていれば比較的安全に治療をおこなうことが出来ます。

下記ではインプラント治療をおこなう際に患者様からよくいただくご質問をまとめさせていただきました。

 インプラント治療は痛くない?
インプラント治療をおこなう際には必ず麻酔をします。また、麻酔がしっかり効いているか確認をしてから治療を開始しますので手術中に痛みを感じる事はほとんどありません。もし痛みがあるとすれば治療後に麻酔の効果が切れた際に痛みを感じる場合がありますが、痛み止めを処方しますので服用いただければ痛みは抑えられます。

他院で「骨が足りないのでインプラントは出来ない」と言われました
インプラントはあごの骨に人工歯根の埋め込みを行いますのでこの骨が薄くなっている場合、インプラント治療が出来ない場合があります。この場合に『骨造成』という方法があります。骨が足りない場所に人工の骨を用いて造成することが可能です。(※対応出来ない場合もあります。)この方法を適用できる場合であれば骨が足りない方もインプラント治療が可能になる場合があります。

インプラント治療後ケアは必要ですか?
インプラント治療をおこなった部分に何もケアしなかった場合、プラークがたまり歯周炎を起こしてしまいます。そのまま放置してしまうと最悪のケースはせっかく治療をしたインプラントが抜けてしまうこともあります。そのため、ご自身でのケアも重要ですが歯科医院でおこなう定期的な検診(3ヶ月~半年に一度)を受診をおすすめします。

事前に相談することは可能ですか?
可能です。当院では無理にインプラント治療を勧めることはありません。歯を失ってしまった場合の一つの選択肢として患者様の口腔内の環境や状況に一番適した治療をご提案致します。また、事前のご相談も行っていますので細かい部分も丁寧にご説明させていただきます。

インプラントはどのくらいもちますか?
治療後のケアと検診をしっかりと行えば長期でもたせることが可能です。セルフケアと検診を行っていた場合10年後の残存率は90%以上と言われています。

上記以外にもご不明な点や不安な点があればお気軽に当院までお問合せください。

一番上に戻る