インプラント治療

インプラントとは

歯を失ってしまうと見た目も機能性も悪くなってしまいます。
『歯を失ってしまったが入れ歯は抵抗がある』『健康な歯を削らずに欠損した歯のみどうにかしたい』とお考えの方には最適な治療がインプラントです。

インプラントとは欠損してしまった歯があった部分のあごの骨を削り、そこへインプラント体を埋入し人工の歯を被せたものです。周りの歯を削る必要もありませんし、入れ歯のように毎日のお手入れも必要ありません。勿論、毎日の歯磨きや定期的なクリーニングは必要となりますので一度当院へご相談下さい。

インプラント

骨の中に埋めるインプラント体で、フィクスチャーとも呼ばれます。ネジのような形をしていて、生体親和性の高いチタンでできています。チタンは金属アレルギーを起こしにくいため、骨折など体の中に金属を埋め込む治療が必要な手術で幅広く用いられている素材です。

アバットメント

インプラント体と被せ物を接続するために用い、インプラント体に取り付けて上につけた被せ物を支えます。一般的にアバットメントもチタン製のものが多く使用されますが、セラミックのアバットメントを用いることで被せ物の透明度を上げる審美性の高い治療も行われています。

上部構造補綴物

いわゆる被せ物の人工歯で、実際に歯ぐきの上に見える部分です。多くは白いセラミックで作られており、天然歯と変わらない白さや質感があります。この部分だけ外せるように設計された物もあります。

歯を失った方へ

失った永久歯は取り戻すことができないため、何らかの方法でそれを補わないと食事や会話に支障が生じて健康な生活を大きく損ねる可能性があります。歯を失った際にはブリッジや入れ歯という治療法が一般的に用いられてきました。ブリッジは両隣にある健康な歯を大きく削る必要があります。入れ歯に関しては、「うまく噛めない」「違和感がある」「ずれて痛い」「発音がうまくできない」「外れそうで不安」「見た目が気になる」などのお悩みを抱えている方は少なくありません。
こうしたお悩みを解決できるのがインプラント治療です。インプラント治療では人工歯根を埋め込むため、天然の歯と同じように噛むことができ、食事や会話での不自由がありません。食事や会話の楽しみを取り戻し、クオリティ・オブ・ライフを高く保つことができるのがインプラント治療なのです。

メリットとデメリット

インプラント治療には多くのメリットがありますが、デメリットもあります。こうした特徴をきちんと理解した上でご自分に最適な治療法を選んでください。

メリット デメリット

・他の歯に負担をかけないため、残された歯を長く健康に保つことができます。
インプラントは他の健康な歯を削る必要はありません。健康な歯も削るともろくなってしまうため、むし歯リスクが大幅に上昇し、破折なども起こしやすくなってしまいます。

土台を顎の骨に埋め込むため、咬んだ時の圧力を他の歯が受けることがありません。
ブリッジや入れ歯はその部分の受ける圧力が残された他の歯にかかるため、負担が大きく残された歯にダメージを蓄積さます。また、これまでより強い圧力を受ける部分は歯周病の進行が促進されてしまうリスクもあります。


・違和感なく自然に噛むことができます。
天然歯とほぼ同じように噛めるため、アワビやスルメなども普通によく噛んで食べることができ、食事内容に制限がありません。バランスのよい食事をとるためにも重要ですし、会食なども気兼ねなく参加でき、招待する方に気を使わせてしまうこともありません。

・見た目や表情、会話が自然です。
天然歯と変わらない見た目であり、ズレたり外れたりする心配がないため、自然な会話を楽しめます。また、発音にも悪影響がありません。

・ズレや痛みがありません。
固定されるためズレることがありませんし、小さな欠片や粒が入り込むこともなく快適に食事ができます。取り外せる入れ歯を装着するインプラントの場合でも、しっかり固定されるためこうしたトラブルが起こしません。

・噛む回数を増やせます。
自然に噛めるため、食事の際に噛む回数を増やすことができます。噛む回数を増やすことは、脳への血流を促進して脳を活性化させ、唾液の量を増やして口内や身体全体の健康にも大きく役立ちます。

・顎の骨が痩せません。
顎の骨は噛む力をかけないでいると吸収されていき、どんどん痩せていきます。インプラントは噛む力が顎にしっかり伝わるため、欠損した部分の顎の骨が痩せることはありません。

・保険適用ではありません。
保険が適用されない治療の為、自費治療となります。

・手術が必要です。
顎の骨にインプラント体を埋め込むための手術が必要です。治療期間が比較的長くかかります。インプラント体が顎の骨にしっかりつくまで、個人差はありますが2~6ヶ月程度かかります。全体の治療期間は、4~9ヶ月程度が多くなっています。

・定期検診が必須です。
インプラント体は安全性がとても高い素材でできていますが、人体にとって異物ですから厳密なプラークコントロールが必要です。そのため、定期的に通院して検診とプロフェッショナルなクリーニングを受ける必要があります。

 

 

インプラント治療においてのCTスキャン

インプラント治療は顎に人工歯根を埋入する大きな手術を伴います。そのため、失敗することで口腔内の健康が損なわれることが考えられます。手術中であっても撮影が可能な歯科用CTがあれば、インプラントの現在位置などをハッキリと視認。安全で確実な治療が行えます。

インプラント治療の流れ

ここではインプラント体の埋入手術の流れをご紹介しています。当院では、事前に歯科用CTで精密な検査を行って正確な治療計画を立て、インプラントエンジンや手術用に徹底的な滅菌消毒を行った滅菌器具セットを用いて手術を行っています。

1.カウンセリング

当日の健康状態をしっかりうかがいます。
インプラント治療について改めてご説明しますので、ご質問やご不安がありましたらなんでもお尋ねください。

2.麻酔

麻酔は痛みを極力減らすために、細い針の注射をご用意しております。

3.消毒

オペをする周りや口の周りを清潔な状態にするため、丁寧に消毒を行います。あらかじめ清潔な状態にしておかないと手術後に腫れがひどくなったり処置部分から菌が侵入し体調を崩してしまう恐れがあるため、当院では処置前の状態に徹底して対応しております。

4.手術 切開

インプラント手術を行います。最初は切開です。
麻酔がしっかりと効いていることを確かめてから治療に処置を開始致しますのでご安心下さい。

5.手術 ホール形成

顎の骨にインプラント体を埋め込むためのホールを形成します。
必要に応じて、ここでサイナスリフトや骨を増やす治療などを行う場合もあります。

6.手術 インプラント体の埋入

フィクスチャーと呼ばれるインプラント体を顎の骨に埋入します。

7.手術 縫合

切開した歯肉を縫って閉じたら手術は終了です。

8.レントゲン撮影

治療した状態を確認するため、レントゲン撮影を行います。

9.画像確認

レントゲン画像はその場ですぐ見ることができるため、結果を確認します。さらに詳細な分析も行います。

10.ご説明

画像をご覧いただきながら手術の結果をお伝えし、術後の注意点などについてもくわしくご説明します。

術後のご注意

インプラント治療は歯科診療ですが、手術ですから術後の過ごし方などに守っていただきたい注意点がいくつかあります。出血や感染などを防ぐためにも医師の指示をしっかり守ってください。

うがいを控える

術後は口内に違和感があってうがいをしたくなりますが、できるだけうがいを控えてください。頻繁にうがいをすると出血がなかなか止まらず、傷の治りが遅くなりますし、痛みも長引きます。

出血が気になったら

翌日くらいまでは唾液に血が混じりますが、やがて出血がとまります。出血が多い場合には、清潔なガーゼを傷口に当てて20~30分ほど噛んでください。それでも出血が止まらない場合にはクリニックまでご連絡ください。

傷口について

傷口を指や舌で触れないようにしてください。また治癒するまで、傷口に強い力がかからないようご注意ください。

薬の服用

抗生物質など鎮痛剤以外の薬は、指示された通りに服用し、最後まできっちり飲み切ってください。ただし、服用によって腹痛・下痢・湿疹などの変調があった場合には、速やかに服用を中止してクリニックにご連絡ください。

痛み止め(鎮痛剤)

手術直後に鎮痛剤を飲んでいただいています。ご帰宅してから痛みが出るようでしたら、鎮痛剤を服用してください。なお、痛みが気にならなくなったら鎮痛剤を服用する必要はありません。

腫れや内出血

個人差がありますが、インプラント手術によって腫れや内出血による青アザが生じる場合があります。腫れのピークは2~3日後で、それ以降は徐々に引いていきます。注意点としては、患部を直接冷やすことは避けてください。血行が悪くなり治りが悪くなってしまう為です。冷やす場合は首の頸動脈を冷やすようにすると有効です。内出血は最初青っぽく、次に紫になって少し範囲が広がりますが、やがて黄色っぽくなって自然に消えていきます。

食事

当日の食事は麻酔が完全に覚めてから可能です。できるだけ噛む必要のないやわらかい物を食べてください。また香辛料など刺激の強い物も避けてください。

日常生活

当日は浴槽へ浸かることはせず、首から下をシャワーでさっと流す程度にしてください。
飲酒や喫煙は術後2週間、控えてください。
術後数日間は、激しい運動を行わないでください。

インプラントに関するよくあるご質問

失った歯が複数本ありますが、何本くらいまでならインプラント治療が可能ですか?

失った歯の本数にかかわらずインプラント治療は可能です。歯が1本もない場合でも、インプラント体を支える顎の骨の量が十分であれば治療が可能です。

インプラント治療の手術では、入院が必要になりますか?

入院が必要になるケースはほとんどありません。既往症があるなどまれなケースで入院が必要と判断された場合には、当院が提携している大学病院などの医療機関をご紹介しています。

健康保険の適用はありますか?

インプラントは、健康保険の対象外です。そのため保険診療でインプラント治療を受けることはできません。ただし、医療費控除の対象にはなりますので、領収書を大切に保管しておいてください。医療費控除の申告を行なうことで、すでに支払った税金の一部が還付されます。

金属アレルギーがあっても治療を受けられますか?

インプラント治療で使われているチタンは生体親和性が高く、金属アレルギーを起こしにくい素材ですが、ごくまれにチタンに対して金属アレルギーを起こす方もいらっしゃいます。そのため、金属アレルギーを持たれている方や心配な方は事前にアレルギー検査が必要となるので必ず医師にお申し出ください。

妊娠中にインプラント治療を受けることはできますか?

インプラント治療では、複数回のCT撮影や手術が不可欠ですから、急ぐ必要がなければ授乳期を終えてからの治療をおすすめしています。事情があって妊娠中の治療を強くご希望される場合、安定している妊娠中期は比較的安全性が高いとされています。ただし、産婦人科の医師ともしっかり連携し、ご本人だけでなくパートナーの方にもリスクを十分ご理解いただいた上で慎重に検討する必要があります。

CTの重要性について

当院ではCTを導入し院内に設置しております。

《CTとはどんな機器か?》

CTとは一言でいうと『撮影機』です。レントゲンとどのような違いがあるかというと、レントゲンの場合2次元でデータが確認出来るのに対してCTは3次元でデータを確認することが可能です。これにより従来のレントゲンでは分からなかった骨の厚みや質、高さや形態を正確に確認することが可能となります。

インプラント治療においてCTは非常に重要な設備といえます。インプラント治療の際には必ずこれからインプラント治療を行う箇所の状態の確認をするために口腔内の撮影をして確認をします。

《なぜCTが必要か?》

インプラント治療では失ってしまった歯、もしくは抜歯後、歯が無くなった部分に対して行う治療です。歯が無くなった部分の下部には顎の骨がありその部分をドリルで削りインプラントを埋入し人口歯をつけることで自然歯に極めて近いものとなります。重要な点と致しましては顎の骨をドリルで削る際に顎の骨の厚みや神経の位置などを正確に把握し進めなければ神経を傷つけてしまったり本来のベストな角度からずれてしまったりしてしまいます。

上記を正確に測るためにレントゲンではなくCTを用いるのです。下記の写真のようにCTでは3次元で撮影をすることが可能な為、より患者様の状態を正確に把握することが出来るため当院ではCTを導入しております。

《CTで撮影したデータ》