ブリッジ

ブリッジとは

歯を失った際に、欠損した歯の左右の歯を削って支柱として左図のように橋を架けるように人工の歯を入れる治療の事を指します。ブリッジは義歯を固定する治療法なので装着した際の違和感が少ないメリットを持っています。素材や条件によっては保険適応となるため、歯を失った際に行う治療方法の中では比較的安価に治療を行うことが出来ることも特徴の一つです。歯を失ってしまいお悩みになっている方は一度、ご相談下さい。

※左の写真は自費のブリッジの写真です。

ブリッジの特徴

素材により、保険診療内での治療が可能です。

※ただし保険診療の部分入れ歯に比べると少しだけ高額になる傾向があります。

違和感が少ない

金属を使用せず、固定式のため装着した際の違和感が少なく、発音にも影響しません。

しっかり噛める

固定式の為、しっかり噛むことができます。

ブリッジのメリットとデメリット

メリット デメリット
・インプラント治療に比べ、治療期間が大幅に短縮できる
・装着の違和感が少ない
・素材により、保険診療が可能
・手術が必要ない
・両隣の歯を削って土台にする必要がある
・土台になる歯への負担が比較的大きくなる

ブリッジの種類

健康保険診療が適用されるブリッジ治療の場合、例外はありますが前歯から犬歯までは白い素材、それより奥の歯には銀歯を使います。奥歯は人目につきにくいとはいえ、会話や笑顔、食事などの際に見えてしまうことがありますし、写真でそこだけ暗く映ってしまい欠損しているように見えてしまうこともあります。そのため、最近では白い素材を使った自費治療のブリッジをご希望になる方が増えてきています。ただし、白い物でもさまざまな素材があり、それぞれ特徴があります。

※左の写真は自費のブリッジです。

自費診療のブリッジ素材

ジルコニアセラミック

セラミックの1種であり、そのメリットは同様です。一般的なセラミックに比べて衝撃に強いという特徴があります。

オールセラミック

すべてがセラミックでできた素材です。色をさらに細かく調整でき、透明感があるより自然な白さを実現できます。金属アレルギーの方でも安心してお使いいただける他、歯ぐきの黒ずみ、退縮による金属の露出が起こらないこともメリットになっています。ただし、強い衝撃を受けると欠けなどが起こる可能性があります。※前歯のみ適応となります。

メタルボンド

金属のフレームの上にセラミックを焼き付けた素材です。色の調整を細かくでき、強度があるため傷もつきにくくなっています。
内部の金属によって歯ぐきの黒ずみが起こる可能性がありますが、使用する金属によってそれを防ぐこともできます。

ブリッジを長持ちさせるために

ブリッジはあくまでも人工歯ですので、メンテナンスを怠ればブリッジの寿命も短くなってしまいます。
メンテナンスをしっかり行うことでブリッジの寿命を延ばし、長持ちさせることが出来ますので定期的な検診をおすすめ致します。
その他にもブリッジを長持ちさせるために重要なポイントを下記でご説明致します。

硬すぎるものを噛むことを避ける

ブリッジの素材にもよりますが、硬すぎるものを頻繁に噛んでしまうと欠けてしまう可能性があります。
ブリッジを支えている歯にも負担が大きく掛かってしまいブリッジの寿命を縮める要因となりますので極力避けましょう。

歯ぎしりや強い食いしばりを治療する

寝ているときに歯ぎしりをしてしまう方や、普段から強い食いしばりがある方の場合、ブリッジにも強い負担が掛かってしまいます。
ご自分で改善が難しい場合、歯ぎしりや食いしばりの治療を受けてブリッジへの負担を減らすようにしましょう。

清潔に保つ

ブリッジを入れている歯を支えている歯がむし歯になったり歯周病になってしまうとブリッジの寿命が短くなってしまいます。
これを防ぐために歯ブラシを先端の細いものに変えてしっかり食べかすや汚れを落としたり、歯間ブラシを使用して隙間に残りがちな汚れを取り除くようにしましょう。
フロスを使用するのも有効です。