歯周病治療

歯周病とは

歯周病は口の中に潜んでいる大量の歯周病菌が歯肉に炎症を起こす病気です。進行すると顎の骨を溶かし、歯が次々に抜けてしまいます。歯周病になった場合、プラークや歯石の除去を定期的に行って、毎日のブラッシングなどのホームケアを丁寧に行うことで進行を遅くする治療はできますが、溶けてしまった顎の骨の修復は基本的にできません。そのため、治療を継続しないと再発を繰り返して重症化していき、歯を失うことになってしまいます。歯ぎしりや噛みしめといった癖があると歯ぐきに大きな負担がかかり、歯周病は進行しやすくなります。
歯周病菌は誤嚥性肺炎の原因にもなります。大震災後、被災地で誤嚥性肺炎による震災関連死が大幅に増えましたが、これは水の不足などにより歯磨きなどの口腔ケアが不足したことが大きな原因であると考えられています。歯周病で口内の歯周病菌が増加することは、全身の健康にも大きく関係しているのです。
一般的に歯周病は高齢者の病気だと思われていますが、日本では成人の約80%が歯周病にかかっているか、その予備軍だとされています。歯周病はかなり進行しないと自覚症状が現れないため、かかっていることに気づいていない方が圧倒的に多く、20~30歳代で歯周病にかかっているというケースも珍しくありません。
歯磨きの際に歯ぐきから出血する、舌で押すと歯がグラグラするなどは歯周病がかなり進行してから現れるサインです。少しでも歯ぐきに違和感があったら、早めに治療を受けて適切な治療とケアを続け、歯周病の進行を止めて健康なお口を保っていきましょう。

こんな症状に気づいたら早めにご来院ください

歯周病は自覚症状が現れた時点ですでにかなり進行している可能性が高い病気です。下記のような症状に気づいたらできるだけ早めに受診してください。

  • 歯磨きをすると歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきが赤っぽくなった
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきに違和感やムズムズした感じがある
  • 舌で押すと歯がグラグラする
  • 歯と歯の間が広がった、隙間ができた
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 起床時に口内がネバつく
  • 歯が長くなってきた気がする
  • 歯ぐきが痩せてきた
  • 口臭を指摘された

歯周病の原因と全身への影響

歯周病の原因

歯周病は歯周病菌によって引きこされる病気です。口腔内に残った食べカスを栄養源にして口内細菌はプラーク(歯垢)という住処を作ります。このプラークには1mgにつき億・兆の単位で口内細菌が生息しており、大量のむし歯菌や歯周病菌が存在しています。プラークは食後数時間で作られはじめ、歯磨きでは落とせなかったプラークは唾液に含まれるミネラルによって数日後には石灰化して歯石になっていきます。この歯石も歯周病菌が大量に住み着いて増殖します。
歯周病の予防や治療には、日々の歯磨きやフロスなどによるホームケアと歯科クリニックでの徹底的なプラークや歯石除去のクリーニングが必要です。
また、歯周病を進行させやすくする習慣や癖などもありますので、食生活や生活習慣を見直すことも歯周病予防や治療では重要になってきます。

歯周病を進行させやすい誘因

  • 歯ぎしり
  • 食いしばりや噛みしめ
  • 喫煙
  • ストレス
  • 多量のアルコール摂取
  • ダラダラ食いなど不規則な食習慣
  • 歯並びの乱れ
  • 咬み合わせ不良

歯周病が及ぼす全身への影響

上記でご説明した誤嚥性肺炎だけでなく、他にも歯周病菌によってリスクの高まる全身疾患が数多くあります。

心臓疾患

歯周病菌には血栓を形成する作用があることが知られています。この血栓が血流によって運ばれると動脈硬化や心筋梗塞などの原因になる可能性があります。

誤嚥性肺炎

歯周病菌を大量に含んだ唾液が気管に入り込むと炎症を引き起こし、誤嚥性肺炎になる可能性があります。飲食よりも睡眠時に気管へ唾液が流れ込むことで起こることが多いとされています。

糖尿病

糖尿病があると免疫力が低下し、歯周病リスクが上昇します。また歯周病になると血糖のコントロールが難しくなるとされています。逆に歯周病の治療を受けると糖尿病の状態も改善する傾向があり、糖尿病と歯周病には深い相関関係があることがわかっています。

早産・低体重児出産

歯周病菌には子宮筋の収縮を促進する作用があるため、早産や低体重児出産のリスクが上昇します。妊娠中はホルモンバランスの変化によって歯周病になりやすい傾向がありますので、この時期の口腔ケアは特に重要です。

歯周病治療の流れ

1.検査とカウンセリング

現在の状態を正確に把握するため、口内を確認し、必要な検査を行っていきます。
歯周ポケット診査で歯周ポケットの深さを計測します。これで歯周病の進行度がわかります。
レントゲン撮影で骨の状態を確認し、口腔内写真撮影などを行っていきます。
検査の結果をわかりやすくご説明し、最適な治療方法についてご相談していきます。
ご希望があれば、口内の歯周病菌を知るための細菌培養検査も行います。これによって、より効果的な治療や予防、アドバイスなどが可能になります。

2.プラークと歯石の除去

歯磨きだけでは落とせないプラークや歯周ポケットにある歯石を取り除きます。専用の器具を使用したプロフェッショナルケアのクリーニングですので、プラークや歯石をきれいに取り除くことができ、歯の表面をツルツルに仕上げてプラークが付着しにくい状態にします。

3.歯周病内科治療や外科的処置

軽度の歯周病では必要ありませんが、歯がグラグラするなどの症状がある場合にはクリーニングだけでは歯石を除去しきれません。
歯周病内科治療は、飲み薬を使った治療です。口内のプラークを採取して培養検査し、検出された歯周病菌に合わせた抗生物質を服用する治療も可能です。
歯周病外科治療では、歯ぐきの整形、歯肉を切開して奥深くにある歯石を除去する治療です。

4.メンテナンス

どなたの口内にも数多くの常在菌が存在しています。歯周病治療や予防で重要なのは、悪玉菌である歯周病菌の数を減らすことです。磨き残しのプラークは2日ほどで歯石に変わりはじめ、この歯石が歯周病菌の温床になるため、3ヶ月に1度、プロフェッショナルケアのクリーニングを歯科医院で受けることで歯周病を効果的に予防・治療できます。
また、日々の歯ブラシやフロスなどホームケアを正しく、丁寧に行っていくことも不可欠です。当院では正しいブラッシングを身につけるための丁寧で分かりやすい指導を行っておりますので、一緒に再発を防止していきましょう。

当院の予防歯科治療メニュー

フッ素塗布

フッ素にはむし歯になりにくくする作用と、歯の質を強化する作用があります。フッ素は酸に強いフルオロアパタイトを生成し、再石灰化を促して歯の表面のエナメル質の結晶性を向上させます。また細菌の活動や酵素作用を抑制するため、歯周病予防にも有効です。
当院ではフロスを使うことで歯と歯の間の隙間にもしっかりフッ素を塗っています。歯科クリニックで使用するフッ素は高濃度ですから、市販のケア用品に含まれたフッ素に比べ予防効果がかなり高くなります。
十分な効果を得るためには、3ヶ月に1度のフッ素塗布が必要とされています。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

専門の器具を用いて専門家が行う歯のクリーニングです。このために開発された専用器具を高いスキルを持った専門家が使うことで、ホームケアでは落とせなかった汚れを徹底的に落とします。きれいにした後には研磨を行って歯の表面をツルツルに整え、プラークがつきにくい状態にします。

ブラッシング指導

歯の大きさ、生えている向き、歯並びなど、口内の状態はお一人お一人が異なり、同じ方の口内でも場所によって必要なブラッシング方法は変わってきます。磨き残しのないブラッシングはとても難しく、毎日丁寧に磨いている方でも染色剤で確認してみると磨き残しがかなりあります。また、一部に力を入れ過ぎて歯の表面に細かい傷がつき、そこにプラークや歯石がついてしまうケースも少なくありません。
当院では、適切なブラッシングについて、きめ細かくご指導しています。無理なくできるご自分にとっての正しい歯磨き方法を覚えることでむし歯や歯周病のリスクは大きく軽減できます。

定期検診

口内を健康に保ち、歯周病の再発を防ぐためには定期的な歯科検診が不可欠です。それぞれの方に一番適切な頻度は異なりますので、無理なく通院いただけるよう心がけています。また、長期出張や就職、転職、結婚、妊活や妊娠と出産などライフステージに合わせた調整も行っています。

一番上に戻る