銀歯は年々減っている?

歯がかけてしまったり、虫歯により削ったりした場合、当然のことながらこの部分を人工的に補う必要があります。その際に補うものとして一般的によく知られているものとしては『銀歯』です。日本では銀歯をしている人や銀歯の治療を行っている歯科医院がまだ多く存在しますが、先進国で銀歯の治療を行っているところは非常に少ないのです。

銀歯は保険が適応されることと材料費が安いため安価に治療を行うことが出来るメリットがあるものの、デメリットが注目され銀歯以外の治療を行う方が増えてきている傾向にあります。下記がメリットとデメリットをまとめたものになります。

■銀歯
≪メリット≫
・保険適応なので、コストを抑えることができる
・強度がある為、割れることが少ない。
・柔らかさがある為、様々な箇所に使用できる。

≪デメリット≫
・金属アレルギーを引き起こす可能性がある
・時間が経つと変色しやすくなってしまう
・汚れが付きやすくなってしまう
・大きく口を開けた際などに目立ってしまう
・銀歯を被せた歯の間に隙間が空いてしまい菌が入る為、銀歯を被せた歯が虫歯になってしまう可能性がある

上記に記載のようにデメリットが多く見えてしまうのが現状ですが、とはいえすべてが悪い材料というわけではなく、例えば強度にフォーカスして見ればセラミックよりも強度があります。また、柔らかさもあるので様々な箇所に使用できる面も持ち合わせています。当院では患者様のご要望を第一に考えて、あらかじめ利点とリスクをしっかりご説明したうえでご希望に沿った治療を進めて参りますのでお気軽にご相談下さい。

銀歯以外の種類も見たい方は下記のページもご参照下さい。
http://www.honda-dental.yokohama/prosthesis/

一番上に戻る